名刺を作成するワケ

名刺は自己紹介を行うツールとしては、もちろんですが、連絡先を交換することによって、ビジネスチャンスを作る重要なアイテムです。その為、仕事をしている人にとって、名刺作成を行うことは当たり前の事だと言えます。

名刺はビジネスで必須のアイテム【名刺作成のコツをご紹介】

デザイン制作

名刺に使用される主な素材の種類

名刺の素材と言えば、大概の人は、紙の素材を思い浮かべるかもしれません。ですが、名刺の素材は様々あり、紙の素材だけでなく、プラスチックカードなどに使われるプラスチックも存在するのです。当然、素材によってメリットも異なります。例えば、プラスチック素材であれば、社員証などにも使用しているほど丈夫で、紙素材の名刺のように折り曲がる心配もありません。また、紙の名刺よりも、存在感という意味でもプラスチック素材の名刺は、優れていると言えます。

カード

名刺作成でこだわるべきポイント

名刺は自分自身をアピールする重要なアイテムです。当り障りのない名刺では、相手に自分自身を覚えてもらえないかもしれません。TPOに合わせた名刺を作成することはもちろんですが、まずは、自分自身をアピールすることができる名刺を作成することを意識しましょう。今まであまり見たことが無い素材を使用した名刺や、一風変わったデザインなどは、受け取る側の目を引くことは間違いないでしょう。

印刷機

印刷業者へ依頼する方法

印刷業者によって、名刺を依頼する方法は様々です。近年メディアなどでも取り上げられている格安のWeb印刷会社などであれば、名刺のデザインを自身で作成する事になります。そして、イラストレーターなどのデータをWebで入稿して、名刺が作成されます。また、デザインから親身になって相談に乗ってくれる印刷会社もあります。ですが、デザインから作成まで依頼するので値段は少し高くなります。

CMYK

印刷業者に依頼するためにかかる費用

名刺作成の費用は、こだわり具合や、依頼する内容によってもかなり変わってきます。仮に、モノクロ一色のシンプルな名刺作成を依頼した場合であれば、「デザイン費」、「印刷費」などで100枚1000円ぐらいが相場と言えるでしょう。フルカラーの名刺を作成する場合や、両面印刷、紙の素材などによっても値段幅が大きく変わってくるので、印刷会社に相談して、予算に合った名刺を作ることが良いでしょう。

業者依頼をする前に知りたい!名刺作成のQ&A

色見本

素人が名刺のデザインを作ることは可能?

格安Web印刷会社が増えたことで、自身でデザインを作成して、名刺を作成する人が増えています。素人であっても名刺を作成することは可能ですが、イラストレーターなどの知識が無いと、質が悪い名刺になってしまうかもしれません。

納期はどれぐらい?

早急に名刺が必要となり、印刷業者に名刺作成を依頼しなければいけない場合があるかもしれません。名刺のデータさえあれば、印刷業者によっては、2、3日で納品してくれる場合もあります。ですが、納期を速めた場合は、追加料金が請求される事があるので注意が必要です。